併用してはいけない薬 | ED治療を手軽に行いたい、そんな人はアバナでED治療を始めよう
風邪薬の画像

併用してはいけない薬

アバナを使用してEDを治療したいと思った時には、様々な事を知っておく必要があります。
そして、そのような知っておく必要のある事の中でも、特に覚えておくべきだ……と言われている物に、併用禁忌薬と呼ばれる物の存在があります。
この併用禁忌薬とは何か……というと、名称の通り併用……つまり同時に使用してはいけない医薬品のことなのですが、実はアバナのようなED治療薬には多数の併用禁忌薬が存在しているのです。

ED治療薬に存在している多数の併用禁忌薬の中でも、特に危険と言われている物に硝酸剤と言うものがあります。
この硝酸剤とは一体何か……というと、これは狭心症の治療を行う際に利用される医薬品のことで、有名なものにニトログリセリンという物があります。
そして、この硝酸剤とED治療薬には共通点として身体中の血管を拡張させるという作用、そして血圧を低下させる……という作用があります。
これらの作用が重複してしまうと、実はある恐ろしい現象が発症してしまうのです。
それは何か……というと、血圧が生命活動の維持に最低限必要な値を下回る、という現象です。

つまり、硝酸剤とアバナのようなED治療薬を同時に使用してしまうと、最悪の場合血圧の低下によって命を落としてしまう可能性があるのです。
なので、もしアバナを利用したED治療を行いたいと思っているのであれば、必ず自分が常用している医薬品に硝酸剤などの併用禁忌薬が含まれていないか……というのを確認し、その上で使用するようにしましょう。